レンブラントホールディングス|事業案内

事業案内

不動産事業

不動産事業

 

 

レンブラントグループでは、不動産事業会社「株式会社ATP」を完全子会社化したことで不動産事業を柱の一つにしています。

 
テナントニーズの高度化、最新のI T設備や省エネ性能に加え、建物の耐震化やBCP(事業継続計画)対策等も重視されるようになりました。最新の設備を備えた競争力を持つ物件が人気となる一方で、築年数を経た競争力を持たない物件の空室が長引くなど、他の市場同様の二極化現象も見られるようになっております。
また、国内では少子高齢化が進む中、世帯数も減少していくと予測されており、
消費者が不動産に求めるものもが変化しつつあり、需要の変化に応え、今後の不動産事業の成長に繋げていきます。

 

不動産事業では、事業およびマーケット環境の変化を的確に捉え、需給バランスを見極めながら、企業や一般消費者のニーズの変化、多様化に対応する商品の創造に努め、良質なビル・テナント・商業施設の供給を中心に、人々が集まり、働き、憩う場へ豊かさを提供すべく努めております。
また、地域経済の発展に寄与する役割が期待され、こうした社会的使命を踏まえ、新たな価値創造を通じて社会に貢献すべく取り組んでおります。

Page Top